オリジナル建材、デザインタイル

ゆかプリ とは

「街の様々な場所にデザインと情報を」

ゆかプリの優位性

  • 印刷技術を使った自由度の高い表現が可能
  • オリジナルコーティング(金コート)による高い耐久性
  • 1枚からオーダー可能な小ロット生産
  • シンプルな生産工程を実現した短納期納品と低価格

さらに詳しくはゆかプリレギュラーをご覧ください。

担当者が答えるゆかプリについて

なぜゆかプリを始めたか

 ゆかプリを製品として開発し、新たに土木サイン市場への参入には様々な内容を考慮し決断しました。その一番は、弊社が80年以上続けてきた印刷技術を生かし、新しい業界のお客様にメリットをご提供することです。そして、安く良い製品を作るために独自のコーティングを開発しました。これにより、近年登場し路面サインとして駅や店舗などで多く見られるようになった床シートや、歩道面の一部で使用される陶板(タイル)にはないメリットを実現することができました。

印刷技術を生かした製品作り

 ゆかプリの特殊印刷の特長は、1点1様の製品にフレキシブルに対応し、市場のニーズにも、デザイナーの拘りにも合致する柔軟性です。土木・建築は10年以上に渡り存在しますので妥協のない表現が求められますが、例えばグラフィックや写真などは今までにないクオリティでデザイナーの表現を実現します。しかも陶板と違い、高温で焼く行程が必要ないため、価格を抑えた製品作りが可能です。簡単に言うとシート素材をタイル素材に変え、インクが退色しないように液体ラミネートをかけたという事です。これによってシートと同じ様な価格で耐久性の高い「ゆかプリ」が出来上がりました。

ライバル製品としてシート素材を目標にし、メーカーの営業担当者様が「同じ価格で1年の寿命が良いですか?それとも10年の長持ちする方が良いですか?」と言うセールストークが出来る製品を目指しました。価格の高い陶板サインや寿命に限度があるシート材から、是非、低価格で表現力の高いゆかプリへの移行をご検討下さい。